次亜塩素酸電解水を使った治療

当院では、2009年の春からセントラルシステムおよび空気殺菌システムを導入しています。
このシステムは、すべての治療に使用する“水”を次亜塩素酸電解水にするものです。
※一般の治療においては保険治療費のみで、別途料金は発生しません。

◆歯周病治療が1日で完了!
重度の歯周病治療の際にのみ、高濃度の次亜塩素酸電解水とレーザーを使用し、たった3時間ほどで歯周病治療を完了させます。
※この治療は自費治療となります。

◆感染予防に効果あり!
歯石を取ったり歯を抜いたりすると、細菌が血液中に入り込みます。これが引き金となり、感染症を引き起こすリスクが高まります。
それを予防するのに効果的なのが、うがいに使用できる程度の濃度の次亜塩素酸電解水。
当院では、診療を行う上では当然のインフラと考えています。 当院の蛇口から出る水は超純水です。ですが、100%院内感染の心配はないとは言いきれません。
そこで、導入したのがこのシステム。診療に携わる我々がこのシステムを使って治療することにより、治療を受ける患者様の負担を軽減するのはもちろんのこと、もしかすると患者様から受けるかもしれない感染症のリスクも軽減できるのです。つまり、治療される側にもする側にもメリットのあるシステムなのです。
当院は本システムを先駆けて導入し、次亜塩素酸電解水を使った治療方法を確立しています。安心して治療をお受けください。

関連記事はこちら